花の多い位牌

遺族への負担

遺品整理時の遺族負担を減らす為に。

近年遺品整理のお仕事を請け負う会社が急成長を遂げています。 この遺品整理と言うもの、遺族が個人でするとなるとかなりの負担がかかり、大半の人が先伸ばしにしてしまうのですが、こういった遺品整理業者に委託する事により、思うよりスムーズに済んでしまうのです。 遺品整理を依頼するにはまず、インターネットサイトの検索等で遺品整理業を営む会社を幾つかピックアップします。そしてその中から、故人や遺族の意向に出来るだけ近いサービスをしてくれる業者に視点を定め、電話で予約する事から始まります。その後指定日に遺品整理業者が故人宅を訪問、見積もりの上、契約が確定すれば、作業開始となります。 故人の遺品整理は遺品整理士と言う認定資格を所持した人が行いますので、安心して任せる事が出来ます。

社会的背景による、依頼の増加。

このような遺品整理業者ですが、最近特に需要を伸ばしている理由として、社会的背景によるものが大きいと言えます。高齢化社会により遺品を整理する遺族もまた高齢化してしまっている事、離婚率の上昇や核家族化の進み具合により、単身住まいの故人が多く存在する事等がそれで、今までのように遺族で手分けして遺品を整理する家庭も少なくなりました。 しかし遺族が整理しないからと言って、遺品整理業者がただの仕事として故人の遺品を整理する訳ではありません。彼等は故人に対して常に哀悼の意を示しながら作業し、神職や僧侶を招いてのご供養も欠かさないのです。ですから遺族が彼等にかける言葉は感謝しなかく、そうした業者の姿勢が、また次の利用者を増やす足掛かりになっているのは間違いありません。

Menu